いつも昼過ぎに眠くなる私が眠くならなかった時

いつも昼過ぎに眠くなる私ですが、眠くならない時があります。

それは、切羽詰まって焦っている時です。

どんな焦りか?

trouble

品質保証の仕事

私は品質保証関係の仕事をしていました。

それはそれは品質の悪い会社で、頻繁に客からクレームが来ていたのですが、厳しい客の場合朝クレーム一報が入ったと思うと、「15時までに報告しろ!」と言ってきます。

特に客が怒っている時は焦りました。

現場担当者がまたダメな奴で、「1時間以内に資料出してくれ」とお願いしているのに、お昼ご飯ギリギリの時間に出してきます。

私がお昼ご飯もソコソコに資料を見ると、意味わからない箇所だらけ。

でも、現場担当者はお昼ご飯い外出してしまい、連絡が取れない・・・。

お昼ご飯終了後の13時頃から資料の内容の問い合わせを行い、その回答を得るのにまた1時間・・・。

しびれを切らして自分も一緒に内容を確認しようと現場に行くと、私に任せればいいかと担当者は居なくなります。

もうワケわかりません。

そんな一刻も争う事態になると、自分でもびっくりするくらい目も頭も冴えて、眠気など感じている場合ではありません。

眠気どころじゃない状況です。

一刻を争う状況を作り出す方法

time
一刻を争うような緊迫した場合、眠気など吹っ飛びます。

焦って焦って、業務をこなす事で頭がいっぱい

そんな状況を作り出してしまえばいいんです。

社内でも書類の提出時間を15時に設定して、わざとギリギリの時間に作成を始めるようにする。

すると、切羽詰まりパワーが沸いてきて、眠気も吹っ飛ぶ仕事ができるかもしれません。

でも仕事のクオリティーが落ちてしまい、怒られるかもしれませんけど。

もっとも、自分で作り出した状況なんて、脳が分かってるから、切羽詰まりパワーは出ないかもしれませんね。

だって、忙しいのに眠いって事は良くありますから・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加