眠りの質を落とす自律神経乱れの意外な原因

自律神経は無意識の中で体の機能をコントロールする神経です。

副交感神経が働くと意識しなくても心拍や血圧は下がり、体温が低下し、リラックス状態に陥ります。

この事が睡眠に影響している事は、興味のある方ならご存知かと思います。

自律神経の乱れ

fuminsyo

この自律神経の乱れ原因はストレスが影響しています。

その他にも、昼夜逆転の生活を強いたり、食生活の乱れなど、生活リズムが崩れても自律神経の乱れは発生します。

実は自律神経の乱れる原因ってそれだけではないのです。

偉そうに言ってますが、私も知りませんでした。

整体をしている人であれば常識のようですが、骨盤の歪み(ゆがみ)も影響あるようなのです。

骨盤の歪みと自律神経の関係

骨盤の歪みが自律神経に与える影響には、次のメカニズムが考えられています。

骨盤の歪み⇒筋肉に緊張⇒肉体的ストレス⇒自律神経への影響

骨盤に支えられている脊髄⇒骨盤のゆがみ⇒脊髄への影響⇒脊髄に通っている自律神経への影響

自律神経とは、交感神経と副交感神経の切り替えです。

骨盤のゆがみが副交感神経の働きに影響し、睡眠に影響を与える事があるのは戯言(たわごと)ではありません。

原因が分からないけど、何となく眠れない。
原因が分からないけど、熟睡感が無い。
原因が分からないけど、朝目覚めが悪い。

こんな症状のあるかたは、真剣に「骨盤歪み説」を疑った方が良いと思います。

肩こりや腰痛、便秘などの症状もある方は、間違いありません。

骨盤歪みの原因

kotsuban

歪みと一言で表現しても、左右で高さが違ったり、よじれたりと症状は異なります。

その原因は「足の組み方」、「座っている時の体重の掛け方」、「立っている時の体重の掛け方」、「カバンを持つのがいつも同じ側」など、左右の不一致な仕草によりもたらされます。

この様な足を組んだりカバンを持つ手については癖なので、意識してみても知らず知らずのうちに戻ってしまいます。

なので、何気なく日常生活を送っていれば、大なり小なり誰もが歪みの影響を受けている事でしょう。

影響が大きく睡眠に問題を抱えてしまっている人は、歪みの原因を取り除くか、歪みを矯正する努力が必要になります。

骨盤歪みを直して快眠をゲット

massage
骨盤の歪みを直すには、整体へ行くのが一番です。

でも金額は高いし、仕草と言うのは癖になっていますから、暫くするとまた歪んできます。

そうなると、またまた整体へ行かなければなりません。

1回数千円掛かりますから、何回も行けるものではありませんよね。

そんな事なら自分で歪みを直す事ができるようになるのが一番です。

幸い骨盤歪みの方法を説明する書籍は沢山販売されていますので、本屋さんへ行けば手に入ると思います。

大切な事は、本を買って終わらない事。

毎日骨盤矯正運動を続ける事を忘れないでください。

関連記事:骨盤に着目した睡眠改善プログラム「グッスリズム」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加