冷え性は睡眠にも影響する!

これからの季節、手足などの末端が冷たくなる事が多くなる季節です。

特に女性に悩みであるこの冷え性ですが、睡眠に対しての影響があったのです。

睡眠のメカニズムが分かれば理解できる!

brain

睡眠のメカニズムを理解する事ができれば、この冷え性は納得できると思います。

まず、体の体温は血液の流れで維持されています。

夜寝る時は体の代謝を落とす為、深部の体温を下げる様に働きます。
(内臓の体温を下げて、働きを抑える。)

どの様に深部体温を下げるかと言えば、放熱するのです。

どの様に放熱するかと言えば、体の末端部である手や足を放熱板として利用します。

眠くなると手や足がポカポカしてくる感覚があると思います。

あれは、何故ポカポカしているかと言えば、体の深部の体温が血液に乗って手や足に伝わり、放熱されているのです。

冷え性が睡眠に影響するワケ

冷え性と言うのは、手や足が冷たい状態です。

何故冷たいかと言えば、血管が縮み血流が少なくなっているからです。

末端部の血流が少ないと、深部の体温が放熱されません。

その為、体の中で睡眠に向けての準備が整わないのです。

手足を温めて血管の縮みを無くし、血流を増やせば放熱機能を取り戻し、体が睡眠に向けた準備をしやすくなります。

冷え性対策!

socks

この様なメカニズムを知らなくても、手足が冷たいと何となく心も体もリラックスできません。

冬の冷えと言う不快な状態を何とか解決したい。

解決方法は、お風呂に入って、ポカポカな体で寝るのが一番です。

お風呂上がってからも、色々やる事があるからそうはいかない?

普通はそうですよね。

そんな時は、お風呂上りにこの靴下を履きましょう。

これは、「足の冷えない不思議な靴下 ハイソックス超厚手」。

アマゾンのユーザーレビューも上々な、足が冷えない靴下です。

末端部がポカポカだと、気持ちもリラックスしやすい状態で睡眠をとる事ができますので、お勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加