お昼眠くて就寝時に目が冴える人はこれで解決!

お昼はあれだけ眠いのに、夜いざ寝ようとすると目が冴えてくる。

頭も冴えてくる。

これは、昼夜逆転の生活をしていたり、生活リズムがバラバラである事から、体内時計が狂ってしまう事が原因です。

体内時計なんて本当にあるの!?

clock-onhand

体内時計なんて本当にあるのか?

と疑問をお持ちかもしれません。

体内時計はあるんです。

概日リズム(サーカディアンリズム)と言います。

生まれたての赤ちゃんは昼間にずっと寝ていたり、夜全く寝なかったり、夜中に起き出したりします。

これは、まだリズムが体に刻まれていないからです。

数ヶ月間掛けて寝かし付けを行う事で、リズムが体に刻み込まれてゆきます。

概日リズムは太陽と関係している

じゃあ極端な話、赤ちゃんの頃から夜型生活で育てれば、リズムは夜型で健やかに成長するのかと言えば、否です。

このリズムは脳が作り出しますが、それには太陽の光が影響しています。

太陽と睡眠の関係

夜行性でない人間は、元々お昼に活動するように遺伝子にプログラミングされています。

朝起きて太陽の光を浴びると、興奮物質であるセロトニンが分泌されるようになっています。

起床して太陽の光を浴びた後、約15時間後に今度は睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されるようになります。

このメラトニンが分泌される時間帯に強い光を浴びると、メラトニンが分解されてしまい、体が睡眠の準備をする事ができなくなります。

夜型で育てた場合

脳は光を浴びなければ、興奮ホルモンであるセロトニンを分泌しません。

夜型で育てた場合には、起床時(暗い時間帯)に日光を浴びる事ができませんので、セロトニンが分泌されません。

すると、交感神経が働かず、体(内臓や脳)は活動が鈍くなるのです。

活動すべき時に体は休息の状態にありますので、これが続くと自律神経失調症からうつ病などを発症します。

よって、どんなリズムで生活しても良いわけではなく、朝起きて、夜眠るリズムが人間には最適なリズムなのです。

これが概日リズムであり、いわゆる体内時計と呼ばれているものです

夜目が冴える対処方法

owl

先ずは生活リズムを整える事が一番大切です。

生活リズムを整えて、概日リズムを本来のリズムに戻す努力が必要です。

生活リズムを整えるには?

朝起きる時間を一定にする。

夜寝る時間を一定にする。

どれだけ脳が疲れても、夕方以降の仮眠やカフェインの摂取は避ける。

基本的にはこのような点に注意して生活します。

睡眠ホルモンのメラトニンを減少させない為、夜は液晶画面を見る事は避け、照明も暗め(暖色系)に設定しましょう。

リズムを崩しやすい時はいつ?

特に日曜日などの休日は、昼近くまで寝てしまう人も居ると思います。

ここで、リズムを崩しがちになります。

体は朝起きて日光を浴びてから、約15時間後に睡眠の準備を始めます。

遅くまで寝ているという事は、夜に体が睡眠の準備を始めようとする時間もずれ込みます

就寝時間が来ても、体は睡眠の準備が整ってい無い事になりますので、眠気を感じないのです。

すると、就寝時間が遅れて翌日睡眠不足になり、体力持たずに夕方や夕食後寝てしまう。

夕方寝てしまうから、その日の夜にまた寝付けなくなります。

こうしてリズムが崩れてゆく原因にもなりますので、休日も普段と同じくらいの時間に起床する様心掛けましょう。

生活リズムが整うまでの期間

calendar

一旦乱れてしまった体内時計は、そう簡単には直りません。

しっかりと本来のリズムに戻すには、改善したリズムで2~3ヶ月継続する必要が出てくると思います。

大幅にずれている人が急に本来のリズム直すのも難しいかもしれませんので、その様な方は1時間ずつ基に戻してゆきましょう。

例えば、いつも1時にならないと眠れない人は、最初の1週間は0時に寝る様に心掛け、次の1週間は23時に寝る様にする、などです。


そもそも概日リズムが狂うという事は、相当長い期間不規則な生活をしていたと考えられます。

規則正しいリズムに直すにも、同じくらいの期間が必要となりますので、焦らずに少しずつ修正して行くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加