目覚めの悪さを改善する為に!

いつも目覚めが悪いと実感している人。

実は睡眠周期を把握していないか、周期を軽く見過ぎているのではないでしょうか?

睡眠周期とは

wave

睡眠は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)の繰り返しです。

関連記事:レム睡眠?ノンレム睡眠?どっちがどっち???

レム睡眠は大凡1時間半に一度、少しの時間現れます。

このレム睡眠の時は眠りが浅い為、周りの刺激(音や光、感覚)で目が覚めやすい状態になっています。
(睡眠の質が悪くレム睡眠の時間が長いと、夜中に起きやすくなります。)

夜中トイレに起きるのも、就寝時間から3時間後である事が多いのは気付いていましたでしょうか?

深い眠りの時間は何をしても目が覚めず、浅い眠りの時には容易に目が覚めやすいのです。

就寝時間と起床時間

wakeup

この様な観点から就寝時間を起床時間を見てみます。

現代の日本人は6時間睡眠が多いですが、可能であれば7時間ほど眠るのが一番健康に良いと言われています。

なので、周期から言えば7時間半の睡眠が快適に目覚める事ができる睡眠時間です。

朝6時半に起きる人は、23時に就寝するか、0時半に就寝するか。

23時半や24時に寝てしまうと、頭がボーとして目覚めが悪くなり易いでしょう。

睡眠時間を確保できない時

stress2

目覚めを考えると、5時間寝るのであれば4時間半睡眠にした方がスッキリ目覚める事が可能です。

3時間半寝るくらいだったら、3時間睡眠の方が寝起きはスッキリです。

寝起きだけを考えるのであれば、睡眠時間は周期に合わせる為に減らした方が良い。

でも、それでは絶対的な睡眠時間が不足してしまう。

30分でも多く寝た方が良いのは当然です。

周期がずれて目覚めが悪い時

深い眠りの時に起きなければならなくなると、脳が「まだ寝たい!」と睡眠を欲する度合いが非常に強くなります。

結果二度寝につながります。

やむを得ず周期に合わせる事ができない時には、朝無理やり起きて強い朝日を浴びましょう

可能であれば30分。

30分は無理でも10分以上浴び続けると、目が覚めてきます。

続いて交感神経を刺激する為に強めの運動をします。

出来れば熱いシャワーを浴びる事ができればベターです。

無理やりでも交感神経を働かせて体を起こさなければ、後々まで眠気を引きずる事になります。


日の出が遅かったり、曇りがちな日の為に、強い光を発光する目覚まし時計を準備しておくのも良いでしょう。

詳しくは「光で起きる目覚まし時計」の公式サイトで確認してください。
⇒ インティスクエア

自分の睡眠リズムを把握するには?

stopwatch

個人によっては睡眠のリズムは多少異なるようです。

周期が10分違えば、6時間睡眠(4周期)で起床時間が40分変わってきます。

明け方になるにつれて浅い眠りの時間が長くなりますので、多少ぶれても浅い眠りの時間に起きる事は可能です。

しかし、深い眠りに移行するタイミングで起きる事になると、ちょっと起き辛い事もあるでしょう。

その様な場合には、自分の睡眠周期を把握する事です。


やり方は簡単。

いつもよりも早めに就寝し、目覚まし時計無しで自然に目覚める様にします。

その起きれた時間と就寝時間を計算すればいいのです。

いつもよりも早めに寝るので、寝付けずにいたら、大体どれくらいで眠る事ができたかも覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加