年齢により睡眠の質が落ちた時の対処法

年齢が増す毎に、眠りの質が落ちてゆくのは、体験上何となく実感できると思います。

「若い時には、休みになると昼頃まで寝ていて怒られたのに、今ではどうしても朝目が覚めてしまう。」

「そう言えば昔は簡単に眠りに就けたのに、今はなかなか眠りに就けない。」

「昔はお昼過ぎに眠くなる事なんてなかったのに、今は昼食後眠くて仕方ない。」

これは、仕事や家庭などのストレスが原因とも考えられますが、実は単純に加齢により睡眠の質が落ちただけでもあるのです。

年齢で睡眠の質が落ちる原因

children

単純に幼児期が一番睡眠時間が長く、年齢を重ねる毎に睡眠時間が短くなります。

高齢者になると夜の睡眠時間が短くなり、日中にも分散して睡眠を取る様になります。

何が違うかと言えば、メラトニンの分泌量です。

メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、概日リズム(体内時計)に従い起床時から約15時間後に分泌され始めます。

このホルモンは睡眠に影響するホルモンであり、分泌量が減ると睡眠時間も短くなります

この為、年齢が増すと睡眠の時間や質が落ちてくるのです。


また、メラトニンの分泌はストレスの影響も無視できません。

特に40代や50代は社会的にも家庭的にも大変な世代です。

日常のストレスがメラトニンの分泌量を更に減少させる事で、睡眠に悪影響を及ぼしている事は無視できない事だと思います。

加齢による睡眠の質改善方法

smile-olds

先ずは睡眠の原理を理解し、生活リズムを整える事です。

例えば幼少期に最大で分泌されるメラトニン量を100とします。

40歳になると加齢により20減り、不摂生により更に20減るとすると、分泌量は60になります。

50歳で加齢により更に10減少すると、分泌量は50となります。

しかし細かい生活習慣に気を配れば、不摂生による減少分を回復する事ができます

この場合だと、40歳で規則正しい生活をしていれば、分泌量は加齢による減少の20のみ。

50歳になっても、加齢による減少が30で分泌量は70を維持できます。


この数字はたとえ話ですが、先ずは睡眠を考えた生活を送る事が必要になります。

筋力でも睡眠でも、年齢が上がると維持するだけでも努力する必要があるのは同じです。

睡眠に良い生活は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事:絶対熟睡できる生活スタイルはこれ!

サプリメントは強い味方

pickup-suppliment

単純に加齢が原因で睡眠の質が落ちたと考えている方は、サプリメントは強い味方になります。

サプリメントには睡眠に必要なホルモンを分泌してくれる成分や、睡眠の質向上が確認された成分が配合されております。

モニターの方に何度も試してもらいながら、一番最適な配合成分を試行錯誤の上決定していますので、実際の評価も高いものが多くなっています。

継続摂取する事で間違いなく力になってくれると思いますので、試してみると良いでしょう。

サプリメントに関しては、次の記事を参考にしてください。

関連記事:3種類の絶対お勧め睡眠サプリメントと選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加