もしかして、ぐっすり眠れないのは周りの環境じゃありませんか?

いつも外がうるさいけど、もう慣れたからフツーに眠れるよ。

と思っていませんか?

眠れるかもしれませんが、間違いなく熟睡している時間は少ないはずです。

この様に熟睡を妨げたり、寝つきを悪くする環境的要因を挙げてみます。

快眠を妨げる環境要因

noise

眠りを妨げる環境要因は次の様なものがあります。

今一度、就寝時の環境を見直してみてください。

まぶしい

真っ暗になっていなかったり、外が明るくてその光が入ってきたりすると、まぶしくて眠れなくなる事があります。

もしくは、朝早くにカーテン越しに日光が入り、目覚めの時間前に起きてしまう事もあります。

これは単純にまぶしさの問題なので、室内灯を全消灯にするなり、カーテンを交換して外の光が入らないようにすれば、解決します。

カーテンの交換は金額が高いと言うのであれば、アイマスクでも良いと思います。

ただ、異物感を感じて気になったり、暑苦しく感じて余計眠れなくなるかもしれません。

その場合には「かぶって眠る枕」と言う商品がありますので、試してみては如何でしょうか?

この枕は遮光カーテンへの交換と同じくらいの値段が掛かるかもしれませんが、雑音もある程度は遮ってくれるようなので、試してみる価値はあるかもしれません。

■ かぶって眠る枕の詳細はこちら↓

入眠を突き詰めた新しい寝具の形。人生が変わる睡眠革命をあなたに。

睡眠専門医が開発した かぶって眠る枕 IGLOO(イグルー)

うるさい

うるさいのは敵いませんね・・・。

雑音から騒音まで。

気にしなければ気になりませんが、気にし出すと耳から離れません。

しかも、うるさい要因は大概屋外の要因です。

通りに面していれば車の通る音近所の人の音楽セミの鳴き声誰かの騒ぐ声などなど。

夏など窓を開けて寝る時には、深刻度が増します。

外の要因なので自分でコントロールする事ができません。

余りにも目に余るような騒音を立てる様であれば、警察や役所にでも相談してみましょう。

自分で打てる対策は耳栓くらいでしょうか。

耳栓も100%音を遮断する訳では無く、漏れて聞こえてきますよね。

異物感を感じて余計眠れなくなる可能性もありますし。

騒音や雑音で悩んでいるのなら、高い物ではありませんので一度耳栓を試してみましょう。

また、上で紹介した「かぶって眠る枕」も、ある程度の雑音は防ぐ事ができるようです。

耳栓を使用するか、この枕を使用するか、この枕と耳栓と併用すれば、騒音もかなり遮断する事ができるのではないでしょうか?

あと、同居人のイビキがうるさい場合には、病院へ行ってもらうか、イビキ対策器具を使ってもらいましょう!

くさい

臭くて寝不足になる話は余り聞いた事がありませんが、不快になるのであれば立派な原因です。

濡れタオル(絞ったタオル)を部屋の中でぐるぐる振り回すと、匂い成分がタオルについて、臭さが消えると言います。

また、炭が消臭作用を持つ事も知られていると思いますので、匂いの発生原因と考えられる個所に炭を置いておくのもいいかもしれません。

あとは、ファブリーズしたり匂いの発生原因となるものを除去するか、匂いの原因箇所を含む全体を清潔に保っておく様に心掛けましょう。

痛い・痒い

治しましょう。(^-^)

蚊が気になって眠る事ができないのであれば、「1日1プッシュ、蚊がいなくなるスプレー」は効果抜群です。

試してみてください。

暑い・寒い

寝具で調整するか、エアコンで調整しましょう。

慣れる事は無い!

no
環境に慣れたから、今は平気で眠れる!」と言う人も居るかもしれませんが、表面上の睡眠です。

眩しさや騒音など、気にはならなくなったかもしれませんが、それは意識しなくなっただけで不快感は感じ続けます。

単純に眠る事はできているかもしれませんが、全体の睡眠時間の中で熟睡している時間は少なくなっているはずです。

何となく眠りが浅いと感じたり、スッキリと起きる事ができないのであれば、慣れ切っている環境に原因が有るかもしれません。

再度確認してみるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加