昼の眠気の応急対処法

日中かなり眠くなる事があります。

特に、昼食後など頭がボーとしてきます。

そのうちに目頭が重くなり、瞑ってゆく・・・。

人間の生理現象と思っていましたが、皆は眠くならないんですね。

「私マイノリティー?」と驚きました。

昼間に眠くなる理由と、私が行ってきた幾つかの応急処置例を説明します。

何故昼間に眠くなるのか

speeing
昼間に眠くなる原因は、単純な寝不足か、夜間の睡眠の質にあります。

寝不足であれば睡眠時間を確保すれば改善されますが、忙しくて睡眠時間を確保できない人も居ると思います。

その場合には、

細切れ時間でもタイマーを掛けて仮眠をとるようにしましょう。

としか言いようがありません。

睡眠の質に関しては様々な要因が影響しています。

ストレスや生活習慣、もしくは病気が影響している場合もあります。

これを改善するには、睡眠時間を伸ばして様子を見るか、熟睡できる環境を整える事です。

応急処置

clothband
昼間の眠気に打ち勝つのは、相当大変です。

応急処置で一番効果があるのは、10分~15分寝る事です。

仕事中に寝るのは難しそうなので、昼食後の休憩時間に仮眠をとりましょう。
(体を休める目的ではなく、脳を休める目的の為座ったままでもいいと思います。)

環境的に仮眠の取れる環境でない場合、コーヒーなどのカフェイン飲料を飲む様にしましょう。

眠気が強力な場合

私はコーヒーでも眠気は覚めません。

眠気の覚めるツボ」を押しても、全然効きません。

眠気を覚ましたいというより、ちょっとでも寝たいと脳が睡眠を欲するんですよね。

その脳の指令に打ち勝てません。

だから、トイレに籠って寝たり、ウロウロと歩き回ったり、体操したり、頭をグングン振ったり、誰かと話したり、フリスクを噛んだり、顔を洗ったり、つねったり、ペンで刺したり・・・。
(トイレに5分以上籠っているとサボりと思われるので、全く仮眠は取れません。)

何をしても無駄でした。

私の取った手段

私は最後の手段として、トメルミンと言う錠剤を飲みました。

カフェインが、通常のコーヒーや眠気除去ドリンクの5倍程含まれている、水無しで口で溶ける錠剤です。
(第3種医薬品に指定)

口に含んだ瞬間は強いミント味でパッと目が覚めます。
(この味がamazonレビューでは不評の人もいましたが、私は気になりませんでした。)

でも、数分もたてば強い眠気がぶり返してきます。

カフェインも効き目が出るのは30分ほど経過した後です。

なので、食後少し時間が経過した後眠くなる前に摂取していました。

毎日摂ると体が慣れてしまうようなので、会議が有ったり夜更かし気味な翌日に限定していました。

もう一つの策

もう一つの策は、アメを舐める事です。

これは、私が20代の頃の経験です。

パートのおばちゃんが、昼過ぎに眠くなるとアメを舐めていたので貰ったら、不思議と眠気が覚めました。

サイダー系のアメが好きでしたが、眠気が飛ぶから好きだったのか、味がおいしいから好きだったのかは覚えていません。

最近の仕事場はパートのおばちゃんが居ないので忘れていましたが、悩んでいる方は試してみては如何でしょうか?

海外の眠気覚まし

国にもよると思いますが、私が行った国はタイガーバームが一大勢力を持つ国でした。

彼ら(彼女ら)は、眠くなるとタイガーバームを鼻の下だか目の下に塗ります。

流石にあの刺激臭がガツンと来るので、目も覚めるようです。

しかし、あの匂いだと周りの人が確実に嫌がりますので、日本では無理でしょうね。

日本ではメンソールが使えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加