昼食後の眠気の2つの原因

「昼食後の眠気何とかしたいから、先ずは原因が知りたい!」

と言う方は、この記事を覗いてください。

昼食後に眠くなる原因

sleepy-guy

人によっては、「食後は胃に血液が集まる為、脳への血流が悪くなり眠くなる。」と言う人もいますよね。

私もそう考えていましたが、よく考えてみれば脳は体の中で一番守られるべき臓器です。

他への血流を減らしてでも脳への血流は確保するようにできています。

胃の消化程度の話で脳への血流が減るわけありませんよね。

しかも、朝食後や夕食後が眠くて仕方ないと言う人も見かけません

どうやら別の原因がありそうですね。

生体リズムの影響

昼食後に眠くなるのは14時前後ですが、この時間は体のリズムとして体温が落ちる時間帯です。

いやいや眠たくなって、ポカポカして火照りが出てくるよ。

それこそが、深部体温が低下している証拠です。

体の中の体温を下げる為に、体温を血液の流れに乗せて表面部(手足)に運んで放熱しているのです。

深部体温が低下すると眠気を感じますので、この生体リズムが眠気を誘う原因の一つとなっています。


この現象を「ポストランチディップ」と言います。

「ポスト」は「プリ」の反対語で「後」と言う意味です。

「ディップ」は「沈む」と言う意味なので、「ランチの後に(体温が)沈む」と言う意味となっています。

オレキシンの影響

もう一つの原因はオレキシンと言う神経ペプチド(神経組織と関係して活動する物質)です。

このオレキシンは睡眠や覚醒を制御する役割があり、血糖値が高くなると分泌が減り眠気が襲います


このオレキシンの役割に目を付けた睡眠薬も存在します。

オレキシンの働きを弱める事で睡眠へと誘導する薬(オレキシン受容体拮抗薬)です。

解決策

fight

昼食後の眠気は生体リズムにも影響される為、ある意味仕方のないものかもしれません。

しかし、社会生活を送る上で「仕方ないから」と言って寝てしまう訳にも行きません。

次のような解決策を試してみてください。

とにかく睡眠時間確保

私はひどい眠気に苦しみました。

部下と話をしていても、睡魔により段々とろれつが回らなくなったりもしました。

歩き回っても顔を洗っても、トメルミンを飲んでもダメ。

脳の病気だと本気で思っていました。

今考えると単純に夜の睡眠時間が足りていませんでした。

5時間~6時間の睡眠時間しかとっていませんでしたから。


最近では7時間寝る様に心掛けており、それだけで昼食後の眠気は全く違います。

また睡眠の質にも注意をする様になりましたので、夜お酒を飲む事も無くなりました。

今でも昼食後に軽い眠気を感じる事はありますが、十分我慢できる範囲の眠気です。

仮眠をとる

状況的に無理かもしれませんが、昼食後に15~20分の仮眠を取る様にしましょう。

これにはただ眠気を解消する為だけではなく、疲労を解消し効率をもアップさせてしまう効果が有ります。

この様な仮眠を「パワーナップ」と呼びます。

仕事をしていれば無いと思いますが、注意するのは寝過ぎてしまう事です。

30分以上寝てしまうと逆に睡眠が深くなり過ぎてしまい、完全に脳が目覚める迄に1時間程掛かってしまいます。

逆に効率ダウンですね。


ちなみに、睡眠不足の人には効き目が薄いので、基本は睡眠時間確保に努めましょう。

血糖値を上げない様にする

オレキシンは血糖値が上がる事でオレキシンの分泌が抑制されてしまいますので、血糖値の上がらない昼食を心掛けます。

具体的には炭水化物や糖分を控える事です。

白米やパン、麺類などは炭水化物です。

お昼が外食だと、ラーメン、うどん、そば、おにぎり、パン・・・。

炭水化物ばかりですね。


血糖値の上がりにくい食事の仕方として「野菜を先に食べる」と言う方法があります。

野菜を先に食べて後から炭水化物を食べると、血糖値の上がり方が幾分抑えられます。

なので、野菜も一緒に注文して野菜から食べる様に心掛ける事で、少しはマシになるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加