体の力みを取り除けば寝つきは良くなる!

なかなか寝付けない時って、無意識的に体の筋肉が力(リキ)んでいる事もあります。

気付いてましたか?

寝る時の体の力み

headache
ベッドに入ってもなかなか寝付けない。

ストレスがあるわけじゃなく、程よく疲れている。

何でだろう?

と思っている時は、無意識に体に力が入っていないか確認してみてください。

例えば、瞼(まぶた)

瞼に力入っていませんか?

瞼に意識を持っていってください。

あれ?力入ってるかも?

と気付くと思います。

そしたら、その筋肉を緩めてください。

フワッと緩むのが実感できると思います。

全体が力んでる!

同じように、頬(ほお)に意識を持って行ってください。

意識を持っていくと力んでいるのが分かり、緩めるとフワってなると思います。

眼球も力んでませんか?

眉間は?口元の筋肉は?肩は?腕は?腹筋は?

意識を持っていくと、案外力が入ってたなってのが分かります。

そして、意識的に緩めるとフワッと力が抜けます。

邪念は力みを生み、力みを取ると邪念が消える

pray
思った以上に力んでいた体を、各部位毎に意識を持っていき力みを取っていきます。

一通り全体の力みを取ると、体全体がホッとすると思います。

体の力みが抜けたので、心の力みも一緒に取れるんですよね。

そうなったら、放っておいても睡眠に入れます。

力みを取った後にストレスの原因や、眠れない何かが頭に浮かんでしまうと、また瞼や眼球が無意識的に力みだします

そうしたら、また体の各部位に意識を持っていき、一つ一つ力みを取っていきます。

心と体はつながっている

部位毎に意識を持っていき、力みを取る作業をすると頭の中から邪念が消えてゆきます

逆に邪念が沸いたら、どこかに力みが発生していると思いますので、各部位に意識を移して力みを取り除いてください。
(顔面の筋肉に力みが発生する事が多いと思います。)

心と体は当然つながっていますので、ストレスを感じると筋肉が緊張するのです。

逆に、筋肉の緊張を取れば、心の緊張も取り除けます。

これを繰り返すと体の力みと共に心の力みも取れてゆき、自然に眠りに付けるようになると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加